浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

新着情報

Information

2022.12.27
宇宙航空技術利活用研究会

12/16 宇宙航空技術利活用研究会 講演会「空の移動を身近にする「Honda eVTOL」とは」を開催しました

浜松商工会議所 宇宙航空技術利活用研究会では、無人航空機(ドローンなど)や航空機の電動化に関連した最新情報の提供、地元理工系大学との連携による自技技術の転用可性を探ることを目的としたワーキンググループ活動を実施しており、今回「Honda eVTOL」というホンダの新たな取り組みについて、なぜeVTOLなのか、ホンダが取り組む理由と事業の可能性についてご講演いただきました。

演題:「空の移動を身近にする「Honda eVTOL」とは」
講師:株式会社本田技術研究所 先進技術研究所 新モビリティ領域 統括 フェロー 川辺俊 氏

【講演のポイント】
・ホンダはこれまで積み重ねてきた技術を活かした新領域におけるチャレンジのひとつとして、「Honda eVTOL」の開発に取り組んでいる。
・機体の開発だけでなく、新たなモビリティエコシステムの開発も進めることにより、生活の可能性を広げようとしている。
・事業化は2030年以降を目標にしている。
・eVTOL市場の現状はほぼゼロだが、これからどんどん伸びる想定。2040年頃には機体もパイロットレスの自律操縦となり、市場も30兆円ほどの大きな規模に成長すると予測している。自動車には並ばないが、十分ホンダの次の事業として成立すると思っている。
・ホンダジェットの開発もゼロからのスタートで30年かかった。そのうち10年はFAA(アメリカ連邦航空局)の認証取得に要した。
・ジェット機、ジェットエンジンの両方を自社開発しているのは世界でホンダだけ。
・2050年に全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現とホンダの二輪および四輪が関与する交通事故死者ゼロを目指す。
・Honda eVTOLと他社との1番の違いはハイブリッドであること。
・月面での循環型再生エネルギーシステムの構築を目指すなど宇宙事業にも取り組んでいる。将来的に自動車の市場規模縮小が懸念される中、宇宙ビジネスへの取り組みは必須である。

 

講師の川辺氏はホンダジェットをゼロから作り上げた初期開発メンバーの一人として今回ホンダが発表した3つの新領域へのチャレンジのうち、Honda eVTOL部門の統括を担っています。ホンダは常に若手にチャレンジさせる企業風土があるそうで、今回の開発も20代~30代の若手を中心としたメンバー構成だそうです。ホンダの持っている技術を活用し上下関係なく皆で自由闊達にチャレンジする姿勢は本当に素晴らしいものだと感じました。

今回の講演はホンダジェットの30年におよぶ開発のお話から、ホンダが次世代の事業の柱として定めるeVTOLについて、また将来の宇宙ビジネスについてご紹介いただきました。

本講演会の様子は翌日の静岡新聞・中日新聞両紙に掲載されました。

静岡新聞:https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1166087.html

中日新聞:https://biz.chunichi.co.jp/news/article/10/53543/

 

 

#宇宙航空 #eVTOL #ホンダ #Honda #ロケット #エコシステム #航空機 #ホンダジェット #講演会

#セミナー #浜松商工会議所 #宇宙航空技術利活用研究会 #ハイブリッド #新産業創出

2022.7.13
宇宙航空技術利活用研究会

宇宙航空技術利活用研究会 2022年度全体会・講演会を開催しました

7月8日に宇宙航空技術利活用研究会2022年度第1回全体会を開催しました。

全体会では2022年度の事業計画について会員の皆様へお諮りし承認いただきました。本年度も会員の皆様の興味を引くような事業を計画してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

全体会終了後はJAXA田辺氏による基調講演が行われました。

空飛ぶクルマの技術課題と題して次世代回転翼機の研究開発における動向について、またeVTOLの技術課題、さらにはJAXAで進められている研究についてお話しいただけるということで参加申込も最終的に60名を超え多くの関心が寄せられることとなりました。

講演ではティルトローターのメリットデメリット、在来ヘリとeVTOLの違いなどの基本的なことから、エネルギー密度に関する専門的な内容などについてお話いただき参加者も真剣に聞いている様子でした。

動画なども織り交ぜイメージしやすいよう工夫いただき、難しくも大変興味深い内容でした。

<ポイント>

・eVTOL機の中でも主翼(固定翼)と回転翼の組み合わせ型が1番効率が良い
・最大の課題である安全面については飛行実験を重ね実績を積み上げていくしかない
・eVTOLは自律制御を前提としているためパイロットの需要は見込み薄
・ヘリコプタの市街地運用が上手くいかない最大の要因は騒音。騒音の原因は大きく3つで「エンジン音」「回転翼音」「マルチロータの干渉ノイズ」

2022.7.6
浜松ロボット産業創成研究会

【ロボットコラム第5回】「ホンダで学んだこと(モノづくり①)」更新

ハマロボSIerナビのロボットコラムにて「ホンダで学んだこと(モノづくり①)」についての記事を更新しました。

今回のコラムは、ホンダのものづくりの考え方についてです。

ご興味ありましたらぜひ、ご覧ください。

コラムはこちらから

2022.6.29
宇宙航空技術利活用研究会

日本ものづくりワールド2022 航空・宇宙機器開発展に静岡県ブースを設置し共同出展しました

浜松商工会議所では毎年、静岡県、静岡県産業振興財団から委託を受ける「新成長産業戦略的育成事業」として静岡県内の航空宇宙産業に携わる企業を対象に、首都圏等で開催される展示商談会へ静岡県ブースを設置し共同出展を行っています。

2022年6月22日~24日の3日間で開催された「日本ものづくりワールド 航空・宇宙機器開発展」に静岡県ブースを設置し、県内中小企業13社の共同出展を実施しました。

新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せてきた中で開催された国内でも最大規模のモノづくり系展示商談会であり、ピーク時には通路が人で溢れるほどの盛況ぶりでした。

 

航空機産業はコロナウイルス感染症の影響を甚大に被り厳しい状況が続きますが、専門家によれば、今後コロナ前を上回る状況にあるとのこと。特に直近ではエンジン関係の仕事のチャンスがあり、大手プライムメーカーやTier1企業はサプライチェーンの見直しを図る中で参入の可能性が大いにあるとのことです。

航空機産業への参入や、支援施策の問合せなどご要望がございましたらお気軽にご連絡ください。

2022.6.6
浜松ロボット産業創成研究会

【ロボットコラム第4回】「世界遺産 富岡製糸場ブリュナエンジンの紹介」更新

ハマロボSIerナビのロボットコラムにて「世界遺産 富岡製糸場ブリュナエンジンの紹介」についての記事を更新しました。

富岡製糸場は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な機械製糸の工場です。

ご興味ありましたらぜひ、ご覧ください。

コラムはこちらから