浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

浜松ロボット産業創成
研究会

Hamamatsu creation of
new industries conference

浜松ロボット産業創成研究会

研究会名
浜松ロボット産業創成研究会
会員数
68社
設立年月日
2016年(平成28年)5月12日設立
代表幹事
原 一隆氏
代表幹事事業所役職
取締役開発事業部長
代表幹事事業所名
ASTI株式会社

幹事企業(50音順)

ASTI株式会社、エンシュウ株式会社、株式会社CAIメディア、株式会社ソミック石川、株式会社テクニカルサポート、日星電気株式会社

PURPOSE

活動目的

浜松地域の意欲的なものづくり企業が有する優れた技術を応用してロボット分野への参入を支援し、
将来的には当地域の経済基盤を支える新たな産業として成長させていくという大きな目標のもと活動。
「ロボット」が国の成長戦略のひとつとして掲げられ、我が国の代表的な産業に育成しようとしている政府の方向性を捉え、
現在ある5つの研究会(宇宙航空、医工連携、農商工連携、光技術、輸送用機器)との連携を図り、
それぞれの分野での課題をロボット技術により解決していくことで新たなビジネスへと発展させていくための場を提供する。

WHAT WE DO

活動状況

  • 地域製造業へのロボット導入支援プロジェクト

    ロボット化による生産性向上支援

    地域製造業へのロボット導入支援プロジェクト

    人手不足や危険作業、生産性向上に悩む地域製造業と、自動化設備の専門業者であるロボットSIer:(エスアイアー:システムインテグレーター)とのビジネスマッチングを仲介し、ロボット導入を支援するプロジェクトを実施。

  • ロボットシステムインテグレーターナビ(ハマロボSIerナビ)の運営

    ロボット専門企業とのマッチング

    ロボットシステムインテグレーターナビ(ハマロボSIerナビ)の運営

    ロボットを含む自動化設備の設計・構築者であり、中小製造業へのロボット導入のキーマンであるロボットシステムインテグレーター(SIer=エスアイアー)11社を取り纏め紹介するWEBサイトを制作しPR。

  • ロボット共同開発の支援

    業界参入への取り組み

    ロボット共同開発の支援

    ロボットビジネスに対して具体的に参入を目指す企業が、自社のみならず他社との技術連携により課題をクリアすることを目的としたマッチング支援を行い、仲間作りの場を提供。【サービスロボット開発プロジェクト(ロボキャラ家康くん開発)など】

  • はままつアグリテック推進プロジェクト

    スマート農業の聖地へ

    はままつアグリテック推進プロジェクト

    浜松農商工連携研究会との合同事業。全国有数のものづくり産業の集積地でありながら、農業でもトップクラスのポテンシャルを有する浜松ならではの地域性を活かし、IT(IoT)、ロボット、AIなどの技術を取り入れた、農業現場の「リデザイン」を目指す。