浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

新着情報

Information

2021.3.29
浜松医工連携研究会

「医療現場との情報交換会」(3/25)を行いました!

今年度3回目となる「医療現場との情報交換会」を実施した。

今回は、【消化器内科】と【皮膚科】の2部署。

画像や映像を用いた紹介は、非常に分かりやすい内容でした。

お話の要旨は以下の通りです。

<消化器内科(浜松医大医学部 内科学第一講座(消化器内科)准教授 杉本 健先生>
・現場では、「把持型鋏鉗子(クラッチカッター)を用いたESD手術が標準となる。
・手術において垂直的にナイフを入れることが困難な場合、クリップの牽引力を利用したSOクリップ法を用いる。
・光線力学的治療、特に深いところの処置はPDTレーザー治療を行う。光増感剤を注力して深層部の癌を治療する。
・炎症性腸疾患(IBD)の治療法は過剰な免疫反応を抑えることに役立つ。
・内視鏡は様々な広がりを見せてくれる器具。形も様々であるが、次にどんな活用が出来るか、今後の展開が注目される。
・AIの支援で癌の確率が分かる。見落としのリスクは減少する。

<皮膚科(浜松医大医学部 皮膚科学講座教授 本田 哲也先生>
・皮膚の病気は、その病気のメカニズムが不明なものが多い。
・皮膚科では、診察の待ち時間が長くなるため、その効率化を図ることが求められている。
・皮膚の病気は数値化が困難である。病勢の数値的な評価(スコア化)が必要。
・皮膚の病気は写真を撮ることが多く、その写真データの管理方法が課題となっている。手動でカルテの取り込みを行っている。
・皮膚の弾力性や硬さを見る機械を必要としている。
・顔認証システムを活用した皮膚の状況のパターン診断を行っている。
・特定部分だけではなく、全身の発汗を調べる機器が必要。

通常であれば、この後1か月後を目途に講師が属する医療現場見学会を実施する予定ですが、新型コロナウイルス感染症により、次年度以降に実施は延期となります。

会員の皆様に創出会議メルマガで配信しますので、ぜひご期待ください!

▼写真は(上)浜松医大医学部 内科学第一講座(消化器内科)准教授 杉本 健先生

(下)浜松医大医学部 皮膚科学講座教授 本田 哲也先生

先生、お忙しいところありがとうございました!

2021.2.12
浜松医工連携研究会

「医療機器の認可申請と不具合対応」セミナーを開催しました!

ついに、5回シリーズの最後となりました

医療機器分野新規参入・薬機法関連セミナー5「医療機器の認可申請と不具合対応」を開催しました。

今回もWEB配信との併用で30名近い参加がありました。

講師の経営支援アドバイザー・薬事専門家の永田靖氏より、医療機器へのシーズや医療機器の分類と法規制、医療機器を市場に販売する(上市)における販売戦略と薬事戦略など…1時間30分の講義でしたが、内容が詰まっていました。

医療現場より、家庭で使うものの方がリスクが高い…

医療現場であれば、すぐに応急処置ができるものの、家庭ではそうもいかない。しっかりとこの知識を得ていれば、医療分野への参入も難しくありません。

来年度も、このセミナーはシリーズ化して行う予定です。ぜひ、ご参加をお願いします。

↓ 閑散としているように見えますが、20名近くWEB参加者がいました。(会場参加者は8名)

2020.12.11
浜松医工連携研究会

現場の医師から製品開発のヒントを得る(医療現場との情報交換会を実施いたしました)

今年度2回目の医療現場との情報交換会はオンラインと会場とのハイブリット形式で実施しました。
今回の情報交換会は浜松医大さまのご協力を仰ぎ、浜松医大の脳神経外科・形成外科・呼吸器外科の3部署との情報交換となりました。
主なお話は以下の通り…

<脳神経外科(浜松医大医学部 脳神経外科学講座 教授 黒住 和彦先生>
・4K内視鏡を使っての手術。4Kにより微細な血管を見ながら手術が可能。現在は8Kを使う場面もある。
・外視鏡は医者にとってはポータブルに手術が出来る器具となる。顕微鏡での手術では困難。

<形成外科(浜松医大医学部附属病院 形成外科 特任教授 中川 雅裕先生>
・形成外科は整形外科と勘違いされやすいが、キズ(傷・創)を直すプロフェッショナルと言われる。
・ダーマスコピーを使って、より深い皮膚層の状態や状況を見ることが出来る。
・癌の厚さが4㎜を超えると生存率は著しく低下する。それを見つけるために、超音波皮膚診断装置などを活用。
・コロナ対策として、非接触型血圧測定などを活用している。

<呼吸器外科(浜松医大医学部 外科学第一講座 准教授 船井 和仁先生>
・浜松医大にはda Vinciの最新機種が設置されている。ロボットは人間と違い、手振れが少ない中で手術が可能である。
・医療用のロボットはカメラを動かすことも可能である。
・浜松メソッドという新しいポート配置による肺の手術を行っている。これにより、肺の手術でICG蛍光法を用いて小さな範囲の切除(区域切除)が可能。

この後、3部署による20201214,18.【チラシ】現場見学会
また、2月にも別の部署の情報交換会を実施する予定です。
ご期待ください!

2020.11.27
浜松医工連携研究会

「医療機器の品質マネジメントシステム(ISO13485)の構築」セミナーを開催しました!

「医療機器の品質マネジメントシステム(ISO13485)の構築」セミナーを開催しました!

「ISO」「QMS」…意味わかりますか?

今回とても難しそうなテーマでしたが、薬事アドバイザーの永田氏によりわかりやすい講演会となりました。

ISOは人や組織との良好な関係を築かなければならないという時代のニーズを表しています。ISOはトップダウンの仕組みで、経営者が決めたことに従業員が行動するという形式となります。必ず文書で作成する必要性があると講師の永田氏は示しました。
品質マネジメントシステム(QMS)は、経営者をはじめとする社員全員が、お客様満足の向上のため、取り組む活動及び仕組み。その活動及び仕組みを継続的に改善してレベルアップを図る活動であることを説明しました。QMSの運用として、品質は「部品・製品」だけでない。仕事の質も対象となるため、間違いの無い仕事の進め方の必要性を示しました。
講義の最後に「まとめ」の時間があったため、さらに理解を深めることが出来ました。

12月11日には5回シリーズの4回目「医療機器の開発におけるリスクマネジメント」がオンラインと会場両方のハイブリット形式で行われます。ぜひ、ご参加ください!

2020.10.23
浜松医工連携研究会

MRI/CT装置を浜松医大の提供で共同利用出来ます~「MRI/CTのご紹介セミナー」を実施しました。

10月22日、「浜松医科大学で共同利用できるMRI/CTのご紹介」セミナーを行いました。

MRI/CTは、医療現場以外でも利用方法はさまざま

講師の浜松医科⼤学 光尖端医学教育研究センター 訪問研究員 夏⽬貴弘氏から過去に以下のような利用申請があったと説明がありました。

●MRIを⽤いたスイカの糖度推定
●シイタケのほだ⽊のMRI
●害⾍のリンゴ果実への⾷⼊の軌跡
●マグロの切り身のMRI(赤身・中トロ)
●NMRを⽤いたワインの品質調査(酢酸発生のワインの品質調査)
●NMRを⽤いたオレンジジュースの分析
●MRIで⾒るスパゲティのゆで具合
●X線CTによる⾍損部材の調査
●⽂化財保護へのX線CTの活⽤

…と農業・工業・食品・学術・文化財といろいろな活用事例があります。

通常、半日の利用で25万円程度かかるところを、企業の利用で約6分の1程度の料金で利用出来ます。ぜひ、企業の皆様にもご活用いただければと思います。

詳しくは下記のホームページをご覧ください↓
https://www.hama-med.ac.jp/about-us/mechanism-fig/medcollab-ip/device/index.html

<お問合せ>
浜松医科大学 産学連携・知財活用推進センター
TEL:053-435-2230/2681
FAX:053-435-2433
E-mail:mc-ip@hama-med.ac.jp