浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

メルマガ配信情報

Email magazine

2024.7.10
浜松地域新産業創出会議

【浜松地域新産業創出会議/情報提供(臨時)】「ロボット展示イベント「ハマロボ展2024」出展企業募集のご案内

浜松地域新産業創出会議 会員の皆様

平素より大変お世話になっております。
浜松商工会議所 商工観光課です。

表題の件につきまして、当所にてハマロボ展2024を開催することになりました。
人手不足の解消、生産性の向上、危険作業からの解放などに向けて
ロボット導入をお考えの企業向けにロボットの展示を行います。
地域において人手不足は深刻な問題となっており、製造業に限らずサービス業・倉庫業・
介護福祉業などあらゆる業種を対象にしたロボット展示会を予定しています。
つきましては、貴社製品を広くPRする場として、ぜひご出展をご検討ください。

【日時】 2024年10月2日(水) 10:00~17:00
  10月3日(木) 10:00~16:00

【場所】 浜松商工会議所 10階会議室

【募集数】 10社

【申込方法】「出展申込書」にご記入いただき、出展ロボットの情報(パンフレット可)と併せて、
      下記へメールにてお送りください。

【申込先】 浜松商工会議所 商工観光課:shoko@hamamatsu-cci.or.jp

【申込期限】 2024年7月22日(月) 17:00 必着

【出展企業の決定】 2024年8月上旬頃

【その他詳細】記載のURLをご参照ください。
       https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1870

【募集要項/申込書/チラシ】下記URLからダウンロードをお願いいたします。
■ダウンロードURL:https://app.everidays.com/send/file/00dfb0a755801996aaa6/d3e5e726
■ファイル名:募集要項_ハマロボ展2024_0624.docx,申込書_ハマロボ展2024_0624.docx,ハマロボ展 2024.pdf
■有効期限:2024/07/31
■ダウンロード回数制限:99回
■ご利用方法
・URLを直接クリックするか、ブラウザのURL欄に貼り付けてご利用下さい。
・ダウンロードURLは、指定回数を超えるか、有効期限が経過すると無効になります.

【問合せ】 浜松商工会議所 商工観光課
TEL:053-452-1114
FAX:053-459-3535
MAIL:shoko@hamamatsu-cci.or.jp

2024.7.9
宇宙航空技術利活用研究会

宇宙航空技術利活用研究会 E-News【24-27】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     宇宙航空技術利活用研究会 E-News【24-27】
  https://www.hama-sss.com/research-group/aerospace/   
 航空・宇宙に興味がある、そんな会社・お知り合いの方にぜひご紹介ください。      
             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                        2024年7月9日配信 

宇宙航空技術利活用研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所です。
さて、早速ですが今週の航空業界Newsをお届けいたします。ご覧ください。

━─INDEX─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇ 
———————
1 航空業界News 24-27(6月30日~7月6日)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇
———————
◇1 航空業界News 24-27(6月30日~7月6日)
  宇宙航空技術利活用研究会では、静岡県航空コーディネータ川合勝義氏
  発行の航空業界Newsを毎週配信しています。
  航空機産業の最新情報が満載の本記事をぜひご覧ください。
  ※無断転載・2次利用・再配布はご遠慮ください。

【編集後記】
・ 昭和の悪習、令和まで・・・裏金、ゴマカシ、隠蔽、疑惑接待、この先Y路
・ サラリーマン社長、Balance sheet(or seat)の上に立ち、MacDo**流が進めば、いずれM&Aの餌食
・ マスコミ、一流と三流の違いは・・・
・ 怪事不祥事、ヘリ、潜水艦、そして今回、海の日を前に、気晴らしの本気度発揮なる
—–

2024.7.4
浜松ロボット産業創成研究会

【浜松ロボット産業創成研究会/出展企業募集】ロボット展示イベント「ハマロボ展2024」出展企業募集のご案内

浜松ロボット産業創成研究会 会員の皆様

平素より大変お世話になっております。
浜松商工会議所 商工観光課です。

表題の件につきまして、当所にてハマロボ展2024を開催することになりました。
人手不足の解消、生産性の向上、危険作業からの解放などに向けて
ロボット導入をお考えの企業向けにロボットの展示を行います。
地域において人手不足は深刻な問題となっており、製造業に限らずサービス業・倉庫業・
介護福祉業などあらゆる業種を対象にしたロボット展示会を予定しています。
つきましては、貴社製品を広くPRする場として、ぜひご出展をご検討ください。

【日時】 2024年10月2日(水) 10:00~17:00
  10月3日(木) 10:00~16:00

【場所】 浜松商工会議所 10階会議室

【募集数】 10社

【申込方法】「出展申込書」にご記入いただき、出展ロボットの情報(パンフレット可)と併せて、
      下記へメールにてお送りください。

【申込先】 浜松商工会議所 商工観光課:shoko@hamamatsu-cci.or.jp

【申込期限】 2024年7月22日(月) 17:00 必着

【出展企業の決定】 2024年8月上旬頃

【その他詳細】記載のURLをご参照ください。
       https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1870

【募集要項/申込書/チラシ】下記URLからダウンロードをお願いいたします。
■ダウンロードURL:https://app.everidays.com/send/file/00dfb0a755801996aaa6/d3e5e726
■ファイル名:募集要項_ハマロボ展2024_0624.docx,申込書_ハマロボ展2024_0624.docx,ハマロボ展 2024.pdf
■有効期限:2024/07/31
■ダウンロード回数制限:99回
■ご利用方法
・URLを直接クリックするか、ブラウザのURL欄に貼り付けてご利用下さい。
・ダウンロードURLは、指定回数を超えるか、有効期限が経過すると無効になります.

【問合せ】 浜松商工会議所 商工観光課
TEL:053-452-1114
FAX:053-459-3535
MAIL:shoko@hamamatsu-cci.or.jp

2024.7.3
浜松地域新産業創出会議

【浜松地域新産業創出会議/情報提供】7月3日配信

浜松地域新産業創出会議 会員の皆様

平素より大変お世話になっております。
浜松商工会議所 商工観光課です。

【1】ウェルビーイング産業創出支援
   「キックオフセミナー(7月12日開催)」
   「異業種交流会・アイデアソン(8月5日開催)」参加者募集!
【2】光産業創成大学院大学「Photonics Challenge2025」のご案内
【3】「全国ものづくり受発注商談会&技術連携マッチング」(旧・ザ・商談しごと発掘市)

をご案内いたします。詳細については下記をご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【1】ウェルビーイング産業創出支援
   「キックオフセミナー(7月12日開催)」
   「異業種交流会・アイデアソン(8月5日開催)」参加者募集!

静岡県産業振興財団 フーズ・ヘルスケアオープンイノベーションセンターでは、ウェルビー
イングに資する新しい産業創出につなげることを目的に、「ウェルビーイング産業創出キック
オフセミナー(7月12日)」「異業種交流会・アイデアソン(8月5日)」を開催します。
いずれも参加無料となりますので、ウェルビーイング産業に関心のある事業者さまにおかれ
ましては、ぜひご参加ください。

詳細等は当財団ホームページ 
https://www.fsc-shizuoka.com/info/kickoff-ideathon/ をご覧ください。

開催概要チラシはこちら 
https://www.fsc-shizuoka.com/wp-content/uploads/2024/06/seminer-ideathon-flyer.pdf

WEB申込フォームはこちら
〇キックオフセミナー(7月12日開催) 
https://tayori.com/f/wellbeing-seminar/

〇異業種交流会・アイデアソン(8月5日開催) 
 https://tayori.com/f/wellbeing-ideathon/

<お問合せ先>
〇お申込み、会場に関すること
公益財団法人静岡県産業振興財団 ブース・ヘルスケア
 オープンイノベーションセンター 担当:長﨑
TEL: 054-254-4513 FAX:054-253-0019
E-mail:newfoods@ric-shizuoka.or.jp

〇セミナー、異業種交流会・アイデアソンの内容に関すること
BCC株式会社 担当:青木 03-5816-3215

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2】光産業創成大学院大学「Photonics Challenge2025」のご案内

ビジネスプランコンテスト「Photonics Challenge2025」(後援:浜松商工会議所)のご案内
光産業創成大学院大学は、光の応用産業の発展に資する人材発掘を目的に、6回目となるビジ
ネスコンテスト「Photonics Challenge 2025~光で、挑む~」を開催します。

新たに学生など個人を対象とした【アイデア部門】を創設し、ベンチャー企業や中小企業に
向けた【ビジネス部門】との 2 部門で、より自由でインパクトのある『光技術』を用いたア
イデアとプランを募集し、そのビジネスの実現へ向けた各種サポートをいたします。
https://www.gpi.ac.jp/social/pc/pc2025/

また、ベンチャーや中小企業を対象とした【ビジネス部門】では、県内に拠点がある企業に
ついては、「静岡中小企業優秀賞」を含む 4 つある全ての賞に選考対象となります。昨年度
も、県内企業より多数ご応募いただき、各賞で受賞されております。

◆募集テーマ
光技術を応用し、社会に新たな価値をもたらす事業プランやアイデアを募集します。
一例ですが、顕微鏡、テレビカメラ、光造形プリンター、レーザー、計測器、光センサなど
の光を活用した技術やデバイスが関わる事業プランやアイデア。将来的に光技術の活用を
検討しているものも対象です。
すでに「光」を活用している方も、これから活用を検討したい方も奮ってご応募ください。

◆募集部門・対象 【ビジネス部門】ベンチャー企業や中小企業
【アイデア部門】学生(大学、高等専門学校等)や個人

◆募集締切 2024 年9月 1 日(日)メール必着
<プレエントリーをご利用ください>
7 月 16 日(火)までに応募者に限り、「プレエントリー」として以下の特典があります
(1)本学教員からのプランへのコメントをフィードバック
(2)募集締切日までにブラッシュアップして再提出が可能

◆表彰(各賞 1 社)
【ビジネス部門】最優秀ビジネス賞 100 万円、最優秀チャレンジ賞 80 万円、
静岡中小企業優秀賞 30 万円(上記副賞あり)、オブザーバー賞 30 万円
【アイデア部門】最優秀アイデア賞 20 万円

◆書類選考通過者のベネフィット【ビジネス部門】
①本学教員によるビジネスプランのブラッシュアップ
②技術、事業の連携先となるオブザーバー機関等とのネットワーキングの機会提供
③本学等による継続的な技術・事業化支援

<お問い合わせ先>
光産業創成大学大学院 Photonics Challenge 事務局
TEL:053-484-2501
E-mail:pc-entry@gpi.ac.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【3】《東京商工会議所》
製造業のビジネスチャンス商談会!
「全国ものづくり受発注商談会&技術連携マッチング」(旧・ザ・商談しごと発掘市)
 ~発注企業・開発案件を保有する企業を募集中~

当商談会は、(1)製品の売り買いに関する受発注商談と、(2)製品開発や試作品開発等に関する
技術連携のご相談が可能です。
受発注商談会では、発注・受注の双方のニーズに基づいて商談相手をマッチングするため、
確度の高い商談ができます。また、全国約450社(※)が参加し、多様な地域から条件に合う
外注先をお探しいただけます。(※昨年度計3回の合計参加者数)
また、今年度より新たに「技術連携マッチング」を創設し、製品開発や試作品開発を要望の
企業からの企業間連携や産学連携に関する相談が可能になります。
ぜひご応募ください。

※受注側企業(新しい発注元を探している・自社の技術を売り込みたい等)の
 申込につきましては、8月上旬頃ご案内いたします。

【開催日】2024年10月9日(水) 10:00~17:00

【会場】東京流通センター 第一展示場
    東京都大田区平和島6丁目1−1 東京流通センター センタービル 2F

【申込締切】2024年7月18日(木) 23:59

【対象】工業系ものづくり企業<金属製品・機械器具・関連業種(加工・組立・試作・供給)、
    樹脂成形・加工等>

【定員】受発注商談会・技術連携マッチング:60社※応募多数の場合は抽選となります。

【料金】無料

詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=203766

2024.7.1
浜松地域新産業創出会議

【浜松地域新産業創出会議/情報提供】発注・マッチング関連情報

浜松地域新産業創出会議 会員各位

平素より大変お世話になっております。
浜松商工会議所 商工観光課です。

本日は、現在募集中の「商談会出展」の情報と、
行政・団体関係等の「展示会・商談会」の開催情報をご案内いたします。

■ <募集中!!>商談会出展情報 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……………………

────────────────────────────────────────────
《東京商工会議所》
製造業のビジネスチャンス商談会!
「全国ものづくり受発注商談会&技術連携マッチング」(旧・ザ・商談しごと発掘市)
────────────────────────────────────────────
~発注企業・開発案件を保有する企業を募集中~

当商談会は、(1)製品の売り買いに関する受発注商談と、(2)製品開発や試作品開発等に関する
技術連携のご相談が可能です。
受発注商談会では、発注・受注の双方のニーズに基づいて商談相手をマッチングするため、
確度の高い商談ができます。また、全国約450社(※)が参加し、多様な地域から条件に合う
外注先をお探しいただけます。(※昨年度計3回の合計参加者数)
また、今年度より新たに「技術連携マッチング」を創設し、製品開発や試作品開発を要望の
企業からの企業間連携や産学連携に関する相談が可能になります。
ぜひご応募ください。

※受注側企業(新しい発注元を探している・自社の技術を売り込みたい等)の
 申込につきましては、8月上旬頃ご案内いたします。

【開催日】2024年10月9日(水) 10:00~17:00

【会場】東京流通センター 第一展示場
    東京都大田区平和島6丁目1−1 東京流通センター センタービル 2F

【申込締切】2024年7月18日(木) 23:59

【対象】工業系ものづくり企業<金属製品・機械器具・関連業種(加工・組立・試作・供給)、
    樹脂成形・加工等>

【定員】受発注商談会・技術連携マッチング:60社※応募多数の場合は抽選となります。

【料金】無料

詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=203766

■ 「展示会・商談会」開催情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

────────────────────────────────────────────
《(株)ニュースダイジェスト社》 
ROBOT TECHNOLOGY JAPAN 2024(ロボットテクノロジージャパン)             
────────────────────────────────────────────
~製造業から物流、食品、包装まで、自動化の未来が見つかる~

製造業など産業集積地「中部」で開催する国内最大級のB to B 展示会です。
初開催の2022年展では約202社・団体(1,096小間)が集まりました。
来場者と出展者のマッチングを高めるため、出展対象を製造現場や物流拠点で使用される
「産業用ロボット」や産業用ロボットを組み込んだ装置・機器、AGV/AMRなどの無人搬送を
利用した「自動化システム」に特化。より効果的な出展が期待できます。
また、産業用ロボット本体やその周辺機器の展示ゾーンに加え、ロボットの設置やシステム構築を
担当する「ロボットシステムインテグレーター」(SIer)専用の展示ゾーンを設けます。
「ロボットの使い方」を展示することで、 より具体的な導入方法を検討できる場を提供します。

【会期】7月4日(木)~6日(土) 10:00~17:00 ※最終日6日(土)は16:00まで 
    
【会場】愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」
    常滑市セントレア5-10-1

【入場料金】1,000円(※事前登録者、海外来場者、学生は無料)

詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://robot-technology.jp/

────────────────────────────────────────────
《(公社)自動車技術会》
「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」
────────────────────────────────────────────
 ~Co-Create!未来をともに創りだそう~

ここ数年、日本をはじめとする多くの国・地域は2050年カーボンニュートラルを目指した
取り組みを加速させるとともに、社会構造そのものの変革による持続可能な社会の実現を
目指しています。そのカギとなるのは、「共創」と「循環」であると考えています。
「循環」型社会システムの実現には、単に廃棄物をリサイクルすることではなく、
私たち一人ひとりが、「つくる責任、つかう責任」の価値基準へと転換していくことも
求められます。“くるま”のライフサイクル全体を見ながら脱炭素化に向けた取り組みを進める
ためには、今まで当たり前だと思っていたことを疑い、新しい視点で物事を捉え、新しい仲間と
「共創」してチャレンジすることが欠かせません。
「人と地球を幸せにする技術とはなにか」を問い、新たなバリューチェーンを仲間と共に築き
あげていく。“くるま”に携わる全ての皆さまの英知を集結する「場」として、「人とくるまの
テクノロジー展2024」にお集まり頂ければ幸いです。

【会期】7月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00
    
【会場】愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」
    常滑市セントレア5-10-1

【入場料金】無料(事前登録制)

詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/nagoya/