浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

メルマガ配信情報

Email magazine

2024.5.15
浜松医工連携研究会

再送【はままつ医工連携拠点よりお知らせ】 令和6年度「医工連携 スタートアップ支援事業」の公募を開始します。

浜松医工連携研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所の瀧です。
医工連携研究会事務局よりご案内をいたします。

━─INDEX─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【再送】令和6年度「医工連携 スタートアップ支援事業」の公募を開始します。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇
———————
本格的な研究開発のための公的資金や競争的資金の申請に向けた
  「アイディアの実現性の検証」を委託し、スタートアップを図る事業。
  
 対象事業:健康医療分野の課題やニーズの解決を目的とする新しい医工連携
   プロジェクトであって、1~6ヶ月程度でアイディアの実現性の検証
      が 完了するもの。※令和7年1月31日(金)までに完了できるもの。
 対 象 者:静岡県内に主たる事務所、事業所を有する中小企業者
  予 定 数:5課題
 委託経費:1課題あたり100万円以内
 募集期間:令和5年4月16日(火)~5月31日(金) ※17:00必着

問 合 先:はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点 事務局
   TEL/FAX:053-435-2438
   E-mail:ikollabo@hama-med.ac.jp
詳  細:https://www.ikollabo.jp/event/view/274

2024.4.25
浜松医工連携研究会

【はままつ医工連携拠点よりお知らせ】 令和6年度「医工連携 スタートアップ支援事業」の公募を開始します。

浜松医工連携研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所の瀧です。
医工連携研究会事務局よりご案内をいたします。

━─INDEX─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
令和6年度「医工連携 スタートアップ支援事業」の公募を開始します。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇
———————
本格的な研究開発のための公的資金や競争的資金の申請に向けた
  「アイディアの実現性の検証」を委託し、スタートアップを図る事業。
  
 対象事業:健康医療分野の課題やニーズの解決を目的とする新しい医工連携
   プロジェクトであって、1~6ヶ月程度でアイディアの実現性の検証
      が 完了するもの。※令和7年1月31日(金)までに完了できるもの。
 対 象 者:静岡県内に主たる事務所、事業所を有する中小企業者
  予 定 数:5課題
 委託経費:1課題あたり100万円以内
 募集期間:令和5年4月16日(火)~5月31日(金) ※17:00必着

問 合 先:はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点 事務局
   TEL/FAX:053-435-2438
   E-mail:ikollabo@hama-med.ac.jp
詳  細:https://www.ikollabo.jp/event/view/274

2024.4.25
浜松医工連携研究会

【浜松医工連携研究会/ファルマバレーセンター事業推進部より情報提供】

浜松医工連携研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所の瀧です。
医工連携研究会事務局よりご案内をいたします。

━─INDEX─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
1令和6年度「企業間連携医療機器等開発助成事業費補助金」

2「自立支援・介護支援機器等開発助成事業費補助金」公募受付中
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇
———————
◇1「企業間連携医療機器等開発助成事業費補助金」
対 象 者:県内 中小企業等
内  容:医療健康分野における県内中小企業の研究開発成果の早期実用化
および新たな製品の上市を目指す取り組みに対して、その費用の一部を補助します。
 ・補助限度額:
  ●単年度事業:500万円以内
  ●2ヵ年度事業:750万円以内
 ・補助率:補助対象経費の1/2以内
 ・募集締切:令和6年5月10日(金)17時(必着)

———————
◇2自立支援・介護支援機器等開発助成事業費補助金
 (1.モデルルーム枠・2.一般枠)
 高齢者等の自立やQOLの向上、介護者の負担軽減、その他介護現場の課題解決等
 に資する新たな製品の実用化に向けた事業を対象とします。
1.健康長寿・自立支援 モデルルーム関連特別枠(モデルルーム枠)
・補助限度額:400万円以内
・補助率:補助対象経費の2/3以内
・募集締切:令和6年5月10日(金)17時(必着)
2.一般枠
・補助限度額:300万円以内
・補助率:補助対象経費の1/2以内
・募集締切:令和6年5月10日(金)17時(必着)

※詳しくは公募要領をご確認ください。

問 合 先:ファルマバレーセンター事業推進部 
       片山・牧野・杉山
TEL:055-980-6333 E-mail:jigyo@fuji-pvc.jp
詳  細:http://www.fuji-pvc.jp/ (←HP内、新着情報)

2024.3.14
浜松医工連携研究会

【浜松医工連携研究会/出展者募集】第2回 部品加工技術展(テクノフロンティア2024内)共同出展ブース 出展企業を募集します

浜松医工連携研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所の水島です。
医工連携研究会事務局よりご案内をいたします。

この度、浜松商工会議所(浜松地域新産業創出会議)は、
浜松地域のモノづくり企業の技術力、製品を発信する場、
商談への端緒を開く場として提供し取引に繋げること、
“モノづくり地域 浜松”としての魅力発信・知名度向上・企業誘致・
人口の呼び込みを図ることを目的に、「第2回 部品加工技術展」へ
「浜松モノづくりブース(仮)」として出展いたします。
つきましては、貴社の製品開発力・加工技術力等を広くPRする場として、
是非出展をご検討ください!!

★出展のポイント★
◎「部品が主役」・「中身が主役」、要素技術と生産技術の
 総合展示会 TECHNO-FRONTIER 2024内での出展
◎8小間(約70.5㎡)の広さの展示スペースを確保(出展企業で共有)
◎浜松商工会議所による出展サポート(低コストでの出展、
 展示会をより効果的に活用するためのフォローアップ等)

詳細は以下リンク先にてご確認ください。
https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1823
————————————————————————
★「第2回 部品加工技術展」概要
————————————–
【会期】
2024年7月24日(水)~26日(金)
【開催地】
東京ビッグサイト 東展示棟
【開催規模】
出展社数328社、来場者数20,767名【TECHNO-FRONTIER 2023としての実績】
【出展対象】
加工技術、工具・加工機・測定器、3Dプリンタ、表面処理・仕上げ、
FAパーツ・機械部品、多品種少量加工に対応した製品・サービス 等
【来場対象】
自動車/車載機器、FA/工作機械、精密機械、家電・AV機器、
ロボット、医療/福祉機器 等

————————————————————————
★募集内容
————————————–
【募集企業数】
8社 
※応募者多数の場合は「出展申込書」より選考を実施し、出展企業を選定します。

【対象・条件】
対象:
浜松市内に主たる事業所を有する中小企業(製造業)

条件:
(1)浜松市内に主たる事業所を有する中小企業(製造業)であること
(2)新規販路開拓に積極的に取り組んでいること
(3)会期中、開始時刻から終了時刻まで最低1名、自社スペースの出展物の
   説明・商談ができるアテンド人員を配置すること
(4)展示会後のアンケート調査(展示会直後、半年後、1年後の計3回)への
   協力が可能であること

【出展者負担金】
20万円(税込、ブース出展料、基本装飾、プロモーション支援等を含む)

【展示方法】
展示会場内の「浜松モノづくりブース」(仮)の一画に出展していただきます。
※8小間(約70.5㎡)を出展企業8社と事務局で共有

【申込期限】
2024年4月15日(月)17:00まで

【申込方法】
添付の「出展募集要項」で条件等の詳細を確認し、申込書とその他必要書類を送付
送付先:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp
※以下リンク先でもダウンロードいただけます。
 https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1823

【申込・問合せ先】
浜松商工会議所 産業振興部 工業振興課(担当:水島・高橋)
〒432-8501 静岡県浜松市中央区東伊場2-7-1
TEL:053-452-1116  FAX:053-459-3535
E-mail:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

2024.2.26
浜松医工連携研究会

【浜松医工連携研究会/情報提供】RDDフォーラム / 『医療・介護現場との情報交換会(2023年度 第2回)』開催のご案内

浜松医工連携研究会 会員・関係機関の皆様

いつもお世話になります。浜松商工会議所の水島です。
医工連携研究会事務局よりご案内をいたします。

━─INDEX─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
1RDDフォーラム『災害時の難病ケア看護 ~ 難病患者・家族、
 看護現場の声を活かす産学連携を考える ~』のご案内

2『医療・介護現場との情報交換会(2023年度 第2回)』開催のご案内
  ↑参加申込は本日までです!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇コンテンツ◇
———————
◇RDDフォーラム『災害時の難病ケア看護 ~ 難病患者・家族、
 看護現場の声を活かす産学連携を考える ~』のご案内

 浜松医科大学では、事業化が難しいとされる難病・希少疾患の診断・
治療等における産学官連携の在り方を模索し、患者様やご家族とアカデミア
・産業界を結び付けられれば、また産業界・官公庁にアカデミアの研究に
着目いただければと考え、本取組みを実施してまいりました。
本年度も世界希少・難治性疾患の日(RDD, Rare Disease Day)にあわせ、
フォーラムを開催をいたします。
※ RDDとは… https://rddjapan.info/

本年度は人工呼吸者(ALS)に着目いたしまして、災害時の看護・ケア、
災害時に使用する医療機器等の開発に着目しております。
企画中に能登半島地震が起きたため開催を延期することも考えましたが、
「今だからこそ」の思いもあり、開催に踏み切りました。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】
2024年3月10日(日)14:30~17:00

【会場】
東京医科歯科大学・オンライン(ハイブリッド)
※ 申込者にzoomのアクセス先をお送りいたします。

【内容・講師】
14:30-16:05 講演  ※ 講演タイトルは仮のもの、敬称略です
 ・趣旨説明
   天野 優子 (浜松医科大学 産連・知財センター, medU-net CO)
 ・患者・家族からの声
   青木 良浩 (日本ALS協会東京都支部 事務局長)
 ・在宅人工呼吸者 医療現場のリアル 
   調整中 (多摩立川保健所 保健師2名)
   小倉 典子 (訪問看護ほっとステーション 看護師)
  ※多摩立川保健所製作 動画放映予定(人工呼吸者の生活と避難訓練)
 ・大規模災害から学ぶ在宅医療患者の災害対策 ~実践編~
   笠井 健 (北良株式会社 代表取締役社長)
 ・難病看護ケアの今
   松田 千春 (東京都医学総合研究所 難病ケア看護ユニット)

16:15-17:00 意見交換会
 ファシリテータ:松田 千春・長壁 健 (東京都医学総合研究所)

【対象】どなたでもご参加いただけます
【参加料】無料
【申込締切】2024年3月6日(水)
【申込先】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdtucL3B5ngVYKkAbwcte4dIsUgywPx3p_qeyux962N72dGcg/viewform

【問合せ先】
浜松医科大学産学連携・知財活用推進センター
Email:amanoy@hama-med.ac.jp   TEL:053-435-2230

———————
◇2『医療・介護現場との情報交換会(2023年度 第2回)』開催のご案内
 
 医療現場にある機器や設備には、使用者である医療従事者にしか
分からない「使いにくさ」や改善点が数多くあります。この現場従事者の
「ニーズ」が新しい商品開発の大きなヒントとなります。
本事業では、医療現場の方々との交流を通じて、これらの「ニーズ」の
製品化を目指しています。今回、十全オアシスクリニック、
浜松医科大学医学部附属病院の先生より、それぞれの現場の課題、
業務内容について発表していただきます。

 ご参加された方を限定とし、今回の講演テーマに関して、
医師と意見交換なども含めた実際の現場(病院)の見学する
医療現場見学会の開催を予定しております。少人数での開催となりますが、
多くの皆様のお申込(詳細当日)をお待ちしております。(3月25.26.28日)

【日時】
2024年3月11日(月)16:00~19:30

【会場】
ホテルクラウンパレス浜松 4階「芙蓉の間」(浜松市中央区板屋町110-17)

【参加費】
講演会:無料 ※交流会のみ有料 
交流会:浜松医工連携研究会 会員 5,000円 / 一般 7,000円

【定員】
50名程度(申込先着順)

【内容】
16:00~18:15 講演会(WEB開催は行いません)
 1.『集中治療部の現場及び業務の紹介について』
   浜松医科大学医学部附属病院 集中治療部 講師 
   御室 総一郎 先生 

 2.『新生児特定集中治療室(NICU)の現場及び業務の紹介について』
   浜松医科大学医学部附属病院 周産母子センター 副センター長 
   飯嶋 重雄 先生

 3.『十全オアシスクリニック及びナイスビート浜松の現場及び業務の紹介について』
   十全オアシスクリニック 院長 
   浦野 哲盟 先生

18:25~19:30  講師、参加者との交流会
・会費は、飲食代となります。当日ご持参ください。
・交流会の当日キャンセルはご遠慮ください。会費はご負担いただきます。
・今回のイベント申込にあわせて当研究会(母体:浜松地域新産業創出
 会議(浜松商工会議所))にご入会いただくと会員料金で適用となります。
 (年会費10,000円)
 ※浜松商工会議所 浜松医工連携研究会 は、はままつ医工連携拠点とともに
  健康医療関連産業の参入を目指す企業を支援する為の様々な活動を行っています。

【詳細&お申込み】
お申込みURL : https://www.ikollabo.jp/event/view/272
お申込み期限: 令和6年2月26日(月)

【問合せ先】
はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点(通称:はままつ医工連携拠点)
〒431-3192 静岡県浜松市中央区半田山1-20-1 
浜松医科大学 医工連携拠点棟内
TEL:053-435-2438/E-Mail:ikollabo@hama-med.ac.jp

———————