浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

メルマガ配信情報

Email magazine

2021.7.14
浜松医工連携研究会

開講!「はままつメディカル塾」受講生募集のご案内

【開講!「はままつメディカル塾」受講生募集のご案内】

医療機器分野への新規参入をお考えの方、新規参入された事業所、また薬機法を基礎から
学びたい方、必見です。
全5回シリーズの「はままつメディカル塾」では、医薬品医療機器等法(薬機法)により
規制されている内容などを分かりやすく説明します。

医療業界の参入は必ずしも資格が必要とは限りませんが、内容によって必要な資格要件
が異なってきます。
製造業者が医療分野への参入が困難と決めつけることはありません。
自身の会社がこの分野で出来ることはありますし、出来ないことでもやり方を工夫すれば
出来ることもあります。
さまざまな課題への理解と初歩的な解決の糸口として、このセミナーを気軽に
ご活用ください。

オンラインと会場参加の両方で実施いたします。

<参照URL>
https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1319/1

はままつメディカル塾チラシ

以下案内文————————————————-

◆医療機器分野新規参入・薬機法関連セミナー
「はままつメディカル塾」開講、受講者募集のお知らせ

医療機器は、命を支える産業として、医薬品医療機器等法(薬機法)により規制されています。
業態毎に資格要件や規制要求事項、商習慣があり、非常に分かりにくい業界とも言われています。
また、ものづくりから参入しようとした場合には、ニーズなどの市場性や調査方法等が分からず、
せっかくの技術シーズも生かせていないのが実情です。
このような課題への理解と初歩的な解決の糸口として、5回シリーズのセミナーにより、各業態
の役割、商習慣、法規制と医療機器の企画から、設計・開発、製造、薬事戦略、販売戦略を踏まえ
て、上市までのプロセスの概略を解説します。
毎月1回無理なく…全5回シリーズでの受講がおすすめです。
各回単独でも受講が可能ですので、ぜひご受講ください。

日 時 【第1回】2021年9月17日(金)【第2回】10月8日(金)【第3回】11月19日(金)
【第4回】12月10日(金)【第5回】2022年2月18日(金)
いずれも時間は15:00~17:00

会 場 【第1回・第2回】アクトシティ浜松研修交流センター401会議室またはオンライン(Zoom)
【第3回】プレスタワー7階静岡新聞ミーティングルーム
【第4回・第5回】未定ですが、浜松駅周辺を予定

講 師 浜松地域新産業創出会議アドバイザー
経営支援アドバイザー・薬事専門家
(独立行政法人中小企業基盤整備機構 中小企業支援アドバイザー)
永田 靖 氏

定 員 40名(会場とオンラインあわせて40名/先着順)

内 容 各回の内容は<参照URL>をご覧ください。

申込方法 下記ホームページ又は添付のファイルに必要事項を記入の上、
FAXでお申込ください。
★参加形態について「オンライン」または「会場参加」のいずれかをご回答ください。
★各回単独での参加も可能です。各回参加者が違う場合でも結構です。

<参照URL>
https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1319/1

※新型コロナウイルス感染症の状況により、さらなる変更が生じる可能性があります。
変更がある場合のみ、参加者にメールにてご連絡を致します。

【申込・問合先】浜松商工会議所 工業振興課
(TEL053-452-1116 / FAX:053-459-3535)
E-mail:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

上記セミナーは下記の事業として行われます。
はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点[JST地域産学官共同研究拠点整備事業]、
浜松商工会議所 浜松医工連携研究会事業、地域イノベーション・エコシステム形成プログラム事業、
(公財)浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンター「産学官金連携事業」

2021.6.11
浜松医工連携研究会

医工連携出会いのサロン「日本内視鏡外科学会総会」の出展をご検討ください!

第34回日本内視鏡外科学会総会への出展について

日本内視鏡外科学会は、外科系診療科などの専門領域の医療従事者だけでなく、
医学系または工学系などの専門分野によるロボット支援手術など確実で安全な手技や
技術開発に関わる人々も多く集う学術集会です。
学会に集まる医療従事者から、医療現場の課題やニーズに関する情報を得られ、
共に参加する医療関連メーカーに、商品力・開発力・技術力を直接アピールできる
機会となっております。
また【医工連携企画】を強く推進している学会でもあり、展示だけでなく医療機器
開発に携わった医師がツアーコンダクターとなり医師数名で行うブースツアーなど
「医療関係者」と「ものづくり企業」の方々が直接対話し新たな医療機器の創出を
目指す企画も予定されています。

未承認医療機器であっても、研究開発成果として出展していただくことが可能ですので、
この機会に、ぜひ出展をご検討ください。

以下ご案内———————————————————-

1.展示会名 :第34回内視鏡外科学会
企業展示「医工連携出会いのサロン」~医学系学会の併設展示会に出展できます~
事業名称:公益財団法人静岡県産業振興財団
令和3年度新成長産業戦略的育成事業

2.日  程: 2021年12月2日(木)~4日(土)

3.会  場:神戸国際会議場・神戸国際展示場
(〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1)

4.対  象:静岡県内に本社や主たる事業所を有する中小企業者

5.出 展 料 :3万円/1ブース(税込)
(「医工連携出会いのサロン」事業費により補助)

6.展示方法:5社募集します。
※拠点内で開催される選考会議により出展5社を決定させていただきます。
展示会場は神戸国際展示場
出展スペースは、幅2000×奥行2000×高さ2500 (1小間)

【申込方法】☆出展申込書(20211202-04医工連携出会いのサロン)にて8月27日(金)までにメール(ikollabo@hama-med.ac.jp)
またはFAX(053-435-2433)にてお申し込みください。

詳細は出会いのサロンちらしをご参照ください。
その他の詳細・申込み方法は下記ホームページでも掲載されています。
https://www.ikollabo.jp/topic/view/197

※申込期限 2021年8月27日(金)

2021.5.14
浜松医工連携研究会

令和3年度「医工連携スタートアップ支援事業」募集開始のお知らせ

令和3年度「医工連携スタートアップ支援事業」募集開始のお知らせ
★★本年度は委託費を増額しています!!

はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点では、医療ニーズおよび研究シーズと、
地域のものづくり企業の技術開発力との「医工連携」によるメディカルイノベーションの創出を
推進し、健康医療産業を地域の基幹産業の1つにすることを目指しています。

医工連携の課題には、医療現場のニーズを解決しようとするもの、ものづくり企業の有する技術を
医療分野へ応用しようをするものなど、十分な市場性は見込まれるものの、技術的に実現可能か
どうか不明であったり、実用性を示す具体的なデータがなかったりと、アイディア段階から
先に進めない課題も少なくありません。

そこで、医療や介護の現場の課題やニーズを解決する新しい医工連携プロジェクトを
推進するために、事業化可能性の高いアイディアを有する地域の中小企業に対して、本格的な
研究開発のための公的資金や競争的資金の申請に向けた「アイディアの実現性の検証」を委託し、
医工連携のスタートアップを図る本事業を実施します。

 

◆対象者:静岡県内に主たる事務所、事業所又は住所を有する中小企業者

◆採択予定数:本年度5課題を予定(100万円/課題として算出)

◆委託経費:1課題あたり100万円以内

◆募集期間:令和3年5月13日(木)~令和3年6月11日(金)17:00必着

◆詳細はホームページをご覧ください。URL:http://ikollabo.jp/public/topic/216

ぜひご応募ください。

医工連携スタートアップ支援事業チラシ

医工連携スタートアップ支援事業募集要項

医工連携スタートアップ支援事業申請様式(WORD)

2021.2.26
浜松医工連携研究会

【医工連携研究会】医師から製品開発のヒントを得る「医療現場との情報交換会」(3/25)の開催について

浜松医工連携研究会 会員の皆様

いつもお世話になっております。
浜松商工会議所の名波です。
医師から製品開発のヒントを得ることを目的とした「医療現場との情報交換会」を
下記の内容にて開催させていただきます。
今回もオンライン(Zoom)との併用開催となります。

皆様に大変好評をいただいており、現場従事者のニーズを直接聞くことができる貴重な機会となります。
ぜひご参加ください。

https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1279/1

【広報チラシ】医工連携情報交換会(PDF)

以下ご案内文————————————————————

医療現場との情報交換会
~医師から製品開発のヒントを得る~

医療現場にある機器や設備には、使用者である医師や技師・看護師等にしか分からない
「使いにくさ」改善点が数多くあります。この現場従事者の「ニーズ」が新しい商品開発
の大きなヒントとなります。
浜松医工連携研究会では、医療現場の方々との交流を通じて、これらの「ニーズ」の
製品化を目指しています。今回の講演会は浜松医科大学の先生から現場・業務内容につい
て発表して頂きますが、後日毎回実施しています医療現場の見学会は、院内状況を考慮
して開催が未定である事をご了承ください。

開催日:2021年3月25日(木)16:30~18:30

会 場:アクトシティ浜松コングレスセンター53会議室およびオンライン(Zoom)
◆講演会(16:30~18:30)

1)消化器内科からの現場及び業務紹介
浜松医科大学医学部 内科学第一講座(消化器内科)准教授 杉本 健 先生
2)皮膚科からの現場及び業務紹介
浜松医科大学医学部 皮膚科学講座 教授 本田 哲也 先生

※講演の順番は前後する場合があります。あらかじめご承知おきください
※講師など現場医師との交流会は、新型コロナウィルス感染症拡大防止の為中止とさせて頂きます。

申し込みは、下記URLから直接、またはFAXでお申込ください

https://www.hamamatsu-cci.or.jp/events/show/1279/1

医工連携情報交換会(PDF)

【申込・問合先】
浜松商工会議所 工業振興課 担当:名波
(TEL053-452-1116 / FAX:053-459-3535)
E-mail:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

2020.11.13
浜松医工連携研究会

【浜松医工連携研究会】11/27開催「公的資金の利用と申請書の書き方セミナー」(WEB併用)の開催について

「公的資金の利用と申請書の書き方セミナー」

今、公的資金を獲得しようとお考えの方へ

●日 時 2020年11月27日(金)15:00~17:00
●会 場 アクトシティ浜松コングレスセンター53会議室またはオンライン

●内 容 良い『申請書』とは?
・公的資金の活用の仕方
・公的資金の探し方
・申請書の書き方(演習・添削)
※詳細は別紙2枚目をご参照ください。

講 師 ●国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
産学連携展開部 地域イノベーショングループ 二階堂 知己氏
●国立大学法人浜松医科大学
理事(教育・産学連携担当)・副学長  山本 清二氏

申込方法 添付のファイルの2枚目の下段に必要事項を記入の上、
メール(ikollabo@hama-med.ac.jp)
またはFAX(053-435-2433)にてお申込みください。

※お申し込み先にご注意下さい。
【申込・問合先】国立大学法人浜松医科大学医工連携拠点棟内
はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点
(TEL 053-435-2438 / FAX:053-459-3535)
E-mail:ikollabo@hama-med.ac.jp

上記セミナーは下記の事業として行われます。
はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点[JST地域産学官共同研究拠点整備事業]、
浜松商工会議所 浜松医工連携研究会事業、地域イノベーション・エコシステム形成プログラム事業、
(公財)浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンター「産学官金連携事業」