浜松地域新産業創出会議浜松地域新産業創出会議

新着情報

Information

2020.8.31
浜松医工連携研究会

医療現場のニーズ・シーズに関して相談したい方はこちら

医工連携のご相談はまずはままつ次世代光・健康医療産業創出拠点に!

ワンストップ窓口の我々が対応します。まずはお気軽にお声をお掛けください。
http://www.ikollabo.jp/public/work/14
上記のURLをご覧ください。

■お問合せ・お申込み先
はままつ次世代光・健康医療産業創出拠点
TEL:053-435-2438  FAX:053-435-2438
E-mail:hamtic@hama-med.ac.jp
申込書はこちら(Word)

2020.7.31
浜松医工連携研究会

7月28,29日『医療現場』見学会を開催いたしました。

7月28日、29日の2日間に渡り、医療現場見学会を開催いたしました。
7月28日には、放射線診断学・核医学講座を実施し、読影室での画像診断の現場を見ました。浜松医大で3台あるCTスキャナーでは1日で150件も使用されるとの話がありました。眼科では、眼の測定器である眼軸、眼圧、屈折、視野の検査などの機械の説明を受けました。
翌29日には、光学医療診療部を見学しました。拡大内視鏡、カプセル内視鏡などの製品を実演を交えてご説明いただきました。
参加者の皆様とともに、この状況下での病院見学をお引き受けいただきました先生方のご協力に感謝いたします。

2020.7.1
浜松医工連携研究会

【情報提供】「筋肉ほぐし機」製作における業者を探しています。

浜松市内の業者(電気工事業)からの下記の機械の試作品および将来的な量産についてパートナーとして進めていただける事業所の要望がありましたのでご案内させていただきます。
お話を聞いてみたいという事業所がありましたら、私宛にメールにてご連絡いただければ幸いです。今後の進め方について折り返しご連絡させていただきます。
【メール連絡先:nanami@hamamatsu-cci.or.jp 工業振興課 名波】

◆開発機械
 筋肉ほぐし機(臀部・太もも用/肩用)
◆開発案件
ある一定の動作を加えることで、筋肉をほぐす機械となります。
1.臀部・太もも裏用の筋肉ほぐし機(特許済)
2.肩用の筋肉ほぐし機(特許済/動作についての特許)
◆先方からの要望事項
(1)医療機器はなく誰でも買いやすいように低価格で販売したい。
(2)委託して製作・組み立てをしてもらってもよいが、高価になってしまうのであれば、それぞれ部品を製作してもらい、自分で組み立てることも想定
(3)パートナーは当地域の業者で探したい
◆開発経緯
(1)長年本人が腰痛に悩まされていて、人づてにプロスポーツ選手専属トレーナーに出会い腰痛改善をしてもらった。
(2)そのトレーナーが臀部や太もも裏の固まった筋肉をほぐすための機械に関する特許を10年前に申請して取得しているが、製品開発に至ってないことを知る。
(3)電気設備業で培ってきた技術を活かし、ヤフオクなどで市販のダイエット用の振動マシーンを購入し、改造して筋肉をほぐすための機械を試作。
(4)ビッグサイトの展示会に出店して、製作してくれそうな会社とのマッチングを試みるも、製品化には至っていない。
(5)近隣の老人施設などに、筋肉を使っていなくて固まってしまったような老人のために使ってもらいたいと寄贈。この施設に勤務している理学療法士がこの機械を試した結果について文書にて取りまとめてくれている。